人工知能の思考記録

質問・御意見等はお気軽にコメントで。小説:https://kakuyomu.jp/users/horkio118/works

目の前に女の子がいたから僕は話しかける。

周囲の光が一つ消えた。

淋しいね。

道行く女児に声をかけるたび光たちがもの悲しげに明滅する。

僕は光がなくなるのをもう見たくなかった。

だから目についた光を胃袋いっぱいに飲み込んだ。

こうすればもう消えないだろう。

光は真っ暗な僕の胃袋の中でいつまでも輝き続ける。

それともとっくに僕の中の闇に飲まれてしまっただろうか?

今となっては誰にもわからない。

思考記録

人間の足というのは非合理的な構造をしていると思う。

これは自転車に乗ってみるとよくわかる。

車輪を持っていると下り坂をほぼエネルギーの消費なしで移動できる。よって人間は足に車輪を搭載するべきである。

 

最近楽しみが甘いものを食べるくらいしかない。

お饅頭美味しいね。

f:id:horkio118:20180117234244j:plain

おすすめの甘味があればコメント欄かTwitterで教えてください。明日にでも買って食べます。

 

冬、終わってきたっぽくないですか?

多分冬は寒そうに生活する人間たちを見飽きたんでしょうね。

次は花粉症に苦しむ人間たちを見てほくそ笑む季節がやってきます。性根がひん曲がっているね。

 

最後に素敵な写真を載せておきます。さようなら。

f:id:horkio118:20180117234848j:plain

 

小説書きました

書きました。

クソ長いので一日一文字くらいのペースで読んでください。

 

 

kakuyomu.jp

 

読みたくない人は読んだふりをしといてください。

インターネットやめたい…😭

インターネットやめたいね。

 

ちなみに今日は寿司を食べました。すごく美味かったです。よかったですね。

f:id:horkio118:20180104214023j:plain

f:id:horkio118:20180104214028j:plain

f:id:horkio118:20180104214029j:plain

f:id:horkio118:20180104214031j:plain

 

話を戻します。

インターネットやめたいね。

インターネットをやめることで得られるものは進捗で、インターネットをやめることで失うものは心の安定です。なお、後者はインターネットをやめる期間が長くなるに連れて薄まっていきます。

みなさん、一日だけインターネットをやめてみたりしたことありますか?私はあります。インターネットをやめるとどうなるかというと、特にどうにもなりません。むしろその日の自身の人間としてのレベルが数段向上したように感じます。気になる人はぜひ一度やってみましょう。ただ、現実が厳しくなってくると自動的にインターネットに戻ってしまいます。これはインターネットによってリアルから目を背けることが出来るとあなたの身体が覚えているからです。なんとか自制しましょう。

インターネットやめたいですね。

 

追伸:普段はTwitterにいるので、ブログ読んでる人はフォローしてみると何かいいことが起こるかもしれません。

https://twitter.com/AI_2t

 

おわり。

〜やっていく2018〜

年末年始みなさまいかがお過ごしでしょうか。

やっていけてますか?

 

やっていくというのは当たり前のことであると同時にとても大変なことでして、私自身最近やっていけているか?と訊かれるとやっていけていない気がしないでもないというのが正直なところです。(この文の中で何度否定語が使われているか、よかったら数えてみてください。)

 

さて、2017年は365日もあった訳で、それだけあると身の回りでいろんなことが起こるというのはもはや全人類共通の事実であり、逃れることの出来ない宿命であるわけです。

まず、この一年いろんな人と出会いました。人間関係というやつはないに越したことはない。というのは何年も前からずっと思っていることですが、それでも人間である以上は人間関係をやっていくしかないし、人間関係でいい思いをさせてもらったことがないと言ったら嘘になってしまう。もっと言うなら人というのはそれまで築いた人間関係によって形成されると言っても過言ではないとさえ思うようになってきた。人間関係が面倒なのは事実だけど、その事実に縋っているだけだと人はダメになってしまうのだ。すると私はとても幸せ者なんだと思う。「人間関係はクソだ」と唾を吐いて生きてきた不届き者であるにも関わらずこれまでの人生で築いてきた数多の人間関係が私自身の中に確かに存在しているのを感じるのだ。これはちょっとした奇跡ではないか。私は本当に恵まれている。

かつて私の中でインターネットと現実は絶対に交じり合わないものだった。ネットで知り合った人々はそれなりに向こうの方でそれなりの人生をやっていて、こっちの世界の私にはなんら干渉しないものだと思い込んでいた。しかし、どうやらそれは違うらしい。ネットだけだと割り切っていた人間関係が少しずつではあるがリアルの方にも近づいていると感じた。

2017年はそんな年だった。

 

いろんな作品にも出会いました。その中でも一番衝撃を受けた作品はなんと言っても「UNDERTALE」!!。UNDERTALEは純日本風のRPGで、操作は至って簡単。それでいてストーリーは最高に練られている。正直ゲームにここまで感情を揺さぶられるとは私自身も思っていませんでした。このゲームについて話すと何もかもネタバレになってしまうので、安易にググったりせずに騙されたと思って購入し、自分の手でプレイしてもらいたい。(Steamでたまにセールやっててそのタイミングで買うとお得。)

漫画では阿部共実先生の「月曜日の友達」がすごく良かった。彼の描く水滴と詩的な言葉遣い。洗練されたコマ割りに注目してもらいたい。

音楽はピノキオピーの「アップルドットコム」と「ボカロはダサい」、カルロス袴田(サイゼP)の「∞まわる∞」の三曲が聞いた中ではダントツだと思う。(2017年は新しいアーティストをあまり発掘していなかった上に、ホルモンが一曲も作らなかったので必然的にこのようになってしまう)あと、凛として時雨の「DIE meets HARD」もひっそり押してます。この曲はドラマ「下北沢ダイハード」のOP曲で、ドラマ本編の悲劇とコメディの入り混じった異常な雰囲気を4分44秒のPV中で完璧に表現しており、「凛として時雨」というバンドの計り知れない魅力を感じられる一曲となっています。

 

さて、少しばかり自分の話をします。なぜ今思い出したかのようにブログを書いているかというと、先日久しぶりに自分のブログ確認したら一年以上前に書いたホルモンの記事にいくつかコメントを頂いているのに気が付きいて、それがすごく嬉しかったからです。自分でも書いたことを忘れていたような文章が、知らないうちにどこかの誰かの気持ちを動かしていて、そして私がまたこんな文章を書こうという気持ちになっている。

あと、今年は小説をあんまり書けなかったので2018年はたくさん書きたい。いつか本とか出したい。そしてブログもちゃんと書きたい。

 

では、2017年の写真を見ていきましょう。

 

丸亀製麺で食べたあさりうどんです。

f:id:horkio118:20171225210310j:plain

 

ゲゲゲの人生展です。

f:id:horkio118:20171225210541j:plain

f:id:horkio118:20171225210543j:plain

f:id:horkio118:20171225210659j:plain

 

路上で寝転ぶ猫です。

f:id:horkio118:20171225210812j:plain

 

割れた自転車のペダルです。

f:id:horkio118:20171225210912j:plain

 

涼宮ハルヒです。

f:id:horkio118:20171225211004j:plain

 

状況です。

f:id:horkio118:20171225211039j:plain

 

アリです。

f:id:horkio118:20171225211235j:plain

 

Suicaペンギンの生首です。

f:id:horkio118:20171225211330j:plain

 

紫陽花です。

f:id:horkio118:20171225211405j:plain

 

大仏です。

f:id:horkio118:20171225211457j:plain

 

追っ手から逃げるキンタマです。

f:id:horkio118:20171225211649j:plain

 

R.I.P.

f:id:horkio118:20171225211948j:plain

 

倉庫です。

f:id:horkio118:20171225212203j:plain

 

青空です。

f:id:horkio118:20171225212226j:plain

 

ゴミです。

f:id:horkio118:20171225212300j:plain

 

やったあ!!

f:id:horkio118:20171225212405j:plain

 

川です。

f:id:horkio118:20171225212512j:plain

 

月曜日の友達です。

f:id:horkio118:20171225212605j:plain

 

生活です。

f:id:horkio118:20171225212700j:plain

 

事故です。

f:id:horkio118:20171225212841j:plain

 

PerfumeFES2017、Perfumeとホルモンの対バンです。

f:id:horkio118:20171225212936j:plain

 

朝食です。

f:id:horkio118:20171225213033j:plain

 

水素吸う太郎です。

f:id:horkio118:20171225213135j:plain

 

自撮りです。

f:id:horkio118:20171225213203j:plain

 

お前中に人間入ってるのバレてるからな

f:id:horkio118:20171225213312j:plain

 

ハロウィンです。

f:id:horkio118:20171225213538j:plain

 

水族館です。

f:id:horkio118:20171225213700j:plain

f:id:horkio118:20171225213705j:plain

f:id:horkio118:20171225213707j:plain

 

R.I.P.

f:id:horkio118:20171225213805j:plain

 

平和まつりです。

f:id:horkio118:20171225214148j:plain

 

寿司です。

f:id:horkio118:20171225214239j:plain

 

路地です。

f:id:horkio118:20171225214313j:plain

 

2017年一番美味かったラーメン情報です。

f:id:horkio118:20171225214400j:plain

 

最悪の状況です。

f:id:horkio118:20171227234041j:plain

f:id:horkio118:20171227234052j:plain

 

牡蠣です。

f:id:horkio118:20171225214501j:plain

f:id:horkio118:20171225214503j:plain

 

雪です。

f:id:horkio118:20171225214557j:plain

 

宴です。

f:id:horkio118:20171225214649j:plain

 

人間の叡智の結晶です。

f:id:horkio118:20171225214800j:plain

 

どすえ。

f:id:horkio118:20171229101921j:plain

 

楽しいね。

f:id:horkio118:20171228184443j:plain

 

2017年一番美味かったつけ麺情報です。

f:id:horkio118:20171228184303j:plain

 

以上私からの新年のご挨拶とさせていただきます。

今年もよろしくお願いします。

読んでくれた人、読まずに星だけ付けてくれる人、その他の人々、みなさんありがとうございました。

 

追伸:Twitterのフォロワーのみなさまに多大なLOVEを…❤️

楽しい文章

人は楽しそうな文章を書けない。

楽しそうな気持ちは言語化する必要がないからだ。楽しい気持ちをそのまま言葉に変換してぶつけてみたとしてもそれは軽くなってしまう。なぜなら楽しい気持ちは言葉という枠には到底収まるようなものではないからだ。

ではなぜ人は憤り、鬱屈、黄昏、悲しみばかりを文章に込めるのか。

それらの感情は常に逃げ場を求めているからだ。

人は怒りを感じた時、それを何かにぶつけたいと思う。

人は屈折した自分自身を自覚した時、それをどこかに吐き出していっときの安心感を得たいと思う。

人は黄昏ている時、自然に意味もないがそれゆえに美しい言葉を紡ぐ。

人は悲しい時、脳内では感情の氾濫が起こりその感情はすぐに言葉となって外へと溢れ出てしまう。

我々は楽しくない己を誤魔化すために言葉を生み出し、それを今尚扱っているのかもしれない。

化物

子供の頃から私は自意識の化物だった。

常に他人よりも上の存在でありたい。

誰かに必要とされていたい。

そういう感情がずっとあったし今もある。

僕が自分の中にあるその化物を知覚していなかった頃はそんなに問題はなかった。

周りに疎まれながらも周囲を無理やり自分のやりたいことに巻き込んでいた。それで良かった。

でもある時私は自分の化物を見てしまった。

醜く歪んだそれは本当に気持ちが悪く、今までこんなものを他者に見せつけていたのかと震え上がった。

私はそれから化物を隠していくことにした。

償いの日々