読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肺腑のナイフでLIFEを愛す。

無いとは思うが、質問・御意見等はお気軽にコメントで。

牛頭馬頭

はい。おはようございます。頓珍漢の宴の難解語句の辞書的な意味を若干の私の独断を交えて載せます。はっきり言って自分で気軽に読むためです。すいません。
こちらピノキオピーの「頓珍漢の宴」です。

 

まあ早口で韻を踏み、さらに意味を持たせるという。確実にカッコよくイカす曲になる要点を押さえている曲です。ただ、少々難解なワードが多いので、まとめますね。

牛頭馬頭:地獄の妖怪、それぞれ牛頭人身と馬頭人身の鬼。
意気揚々
:いかにも誇らしげに振る舞うさま。
劣等感:自分が他人に劣っていると感じること。
優越感:自分が他者より優れているとの認識。
滅多打ち:むちゃくちゃに打つこと。 
頓珍漢:
辻褄が合わなかったり、ちぐはぐになったりすること。間抜けな言動やそのような人。
消化器官:
食物を摂取して,これを分解・吸収し,血液中に送る働きをする器官
毒性:
生体に有毒な作用をする性質。
暴飲暴食:度を過ごして飲食すること。
昏倒寸前:
めまいがして倒れる直前。
妄言多謝:
いい加減な言葉を並べたてたことを深くわびる。
悪酔強酒之弁:悪い行いだとわかっていながらも、その行いをすることに対する言いわけ。
一触即発:
きわめて緊迫した状態や状況。
前後不覚:
あとさきも分からなくなるくらいに正常な意識を失うこと。
無限地獄後:「無間地獄」から来た造語と思われる。無限に感じる地獄のような時間と解釈。

理論武装:
自分の立場や主張を他人の批判から守るために、さまざまな理論を準備すること。
自問自答:自分で問いを出して自分で答えること。
毀誉褒貶:ほめたりけなしたりすること。そしりとほまれ。
流言飛語:根拠のない情報
罵詈雑言:きたない言葉で、悪口を並べ立ててののしること。
嘲笑:あざけって笑いものにすること。
炎上:不祥事の発覚をきっかけに、非難が殺到する事態または状況。
防災訓練:
災害などに備えた訓練一般。
疑心暗鬼:
なんでもないことを疑ってしまったりおそろしいと感じること。
虎視眈々:野望を遂げるため、じっと機会を狙っている様子。 
煽情: 
感情や欲望・情欲をあおり立てること。
諸行無常:
この世の全ては姿も本質も常に流動変化し、一瞬でも同一性を保持できない。
伽藍堂:
何も無い状態。
酩酊千鳥足之百鬼夜行:ひどく酒に酔い、よろめく妖怪たちの群れ。
因果応報:
原因に応じた結果が報いるということ。
下戸:酒が飲めない人。
全能感:
「自分が何でもできる」という感覚 。
背徳感:
 本来あるべき人の道から外れた、または背いたという後ろめたい感覚。 
起死回生:
崩壊や敗北などの危機に直面した状態を、一気に良い方向に立て直すこと。
重火器:
火器の内、相対的に大型のもの。
徒手空拳:(素手であることから)資金
・地位など頼るものがなく、自分の身一つであること。
弱肉強食:
弱い者が強い者のえじきになること。
家内安全:家族に事故や病気がないこと。
表裏一体:
相反する二つのものが一つになること。
殺傷事件:
殺したり傷つけたりする事件。
性倒錯:精神医学における病理的な性的嗜好
愛情表現:愛を表現する行為。
大義名分:行動を起こすにあたってその正当性を主張するための道理。
主従関係:主人と従者の関係。
人心掌握:他人の心を意のままにすること。
強迫観念:
幾ら打ち消しても、心につきまとって離れない、不快・不安な気持。
笑い上戸:酒に酔うとやたら笑う癖のある人。
泣き上戸:酒に酔うと泣く癖のある人。
絡み酒: 酒に酔うと周囲に難癖をつける人。またその行為。
宴もたけなわ:宴の席で一番盛り上がっている段階。盛り上がりの衰える前。
御会計:代金の支払い。

以上です。結構わかった気になってて実は意味知らない言葉が多い。なかなか調べるのも面白かったです。この曲は酒の席と浮世をなぞらえてるのかな。とか考えたりします。「理論武装〜」の所からなんてもう完全にネットの「炎上」「煽情」騒ぎですからね。「表裏一体」の所らへんも、世の中が孕んでいる表と裏を歌ってるんだろうか。まあ糞考察はこの辺までにして寝ます。

自己満記事失礼。