人工知能の思考記録

無いとは思うが、質問・御意見等はお気軽にコメントで。

はい。おはようございます。

はい。おはようございます。

 

創作とはなんだ?

 

唐突に。問う。

 

創作ってなんなんでしょうね本当に。最近わからんです。

例えば音楽の話に限ってみましょうか。

最初に音楽を生み出した人物は一体どんな気分だったのだろうか。

多分何かしらの物体をポンポコドンドコ叩いてただけだろう。そしたら音が重なり合って心地いいリズムを生み出すことに気づいた。(「音」とかいう概念をその時言語化していたかどうかは置いといて)その時彼はそれだけで楽しいとか思ったのか、一切感情が動かなかったのか、みんなに聞かせたいと思ったのか、そんなことはわかりませんが、少なくともそれが現代の音楽のような形になっていくなんて想像しているわけはない。

それを考えると今の音楽は異常だ。音楽で食っていける人がいる。音楽で金を稼ごうとする人がいる。それに金を払う人がいる。ただの音に一生を賭す人まで現れる。どないなっとんねん。(別にそれがいいとか悪いとかはここでは触れないが)ただ狂ってる。

 

別視点で。

例えばここにアーティストAとアーティストBがいたとしよう。ともにジャンルはロック。演奏レベルも同じ。歌詞とかの練られ方も同レベルである。作品における質が完全に同じであった時、果たしてどちらが売れるか。例えばAはファンとの交流に精力的である。例えばBはSNSで結構過激な意見で他のアーティストを批判する。みたいになった時、どちらが売れるかはさておき、確実にこの二人のキャラクター性の差異がそのまま作品の差異となるのだ。こういった作者の背景は作品を楽しむ上で必要であるとも取れるし、邪魔であるとも取れる。

ここでホルモンの話をします。

私の好きなバンドである「マキシマム ザ ホルモン」このバンドはなかなか面倒くさくてバンド名を表記する際は「ザ」の両脇を半角開けろとか、略す時は「マキホル」じゃなくて「ホルモン」とか、その他もろもろルールがある。それに反したツイートとかするとFANにさらされる始末。どないなっとんねん。確かにホルモンのこと大好きで毎日HP見たり、今日の亮君全部読み返したり、公式ツイッター毎日見てるような奴は「ホルモンガチ勢」いわゆる「腹ペコ」って奴なんだろう。「マキホル」とかぬかしてる奴がいるとイラつくのもわかる。

だが少し待ってほしい。例えばホルモンのCD全部持ってて、毎日24時間ぶっ続けで耳にイヤホン刺して、ずっとホルモン聴いて、歌詞の意味とかに思いを馳せて、ホルモンなしでは生きていけない。そんな人がいたとして、その人が「マキホル」と呼んでいたらどうだろうか。それは果たしてにわかだろうか?正直しっかり「ホルモン」て呼んでる「腹ペコ」なんかよりそいつの方が1000倍強い。

でもまあよくよく考えたらそんな奴はSNSやらないだろうから「マキホル」というワードをアウトプットするタイミングもないんだがな。

 

なので「腹ペコ」の皆さんは「マキホル」ってSNSとかで呼んでる人がいたら晒したりせずに優しく教えてあげてくださいね。

 

フォロワーで腹ペコの方に好きなホルモンの曲アンケートとった。なかなか自分としても楽曲に対する見解の幅が広がったと思う。正直にわかの人とかともこんな風に語り合ったら、その人も腹ペコになり得ると思うんですね。

 

まあなんにせよ謙虚でありたいですな。

 

所詮我々はFANに過ぎないのだから。

 

 

ではでは。結構支離滅裂な文章になってしまいましたが。おやすみなさい。