人工知能の思考記録

質問・御意見等はお気軽にコメントで。小説:https://kakuyomu.jp/users/horkio118/works

終わり

自覚のない生活によって生命は脅かされ、世界は傾く。生命の声はいつだって正直に我々の耳元に響く。私たちは壊れているからその声を聞き、なおも生活を止めない。手当たり次第に壊して、その度に壊れていく。

どれだけ時が経ったのか。

いつの間にか僕らは自分を憎み、他者を愛するようになっていた。誰しもが不安で、それ故に幸福であった。僕らはやがて自分のことを二度と見なくなる。

これまで、思考とは自己との対面だった。自分自身の経験と発想の化学反応。カラフルでモノクロな連続する小爆発。けれど、今は違う。それは他者との対話。言葉なんて非力な記号では収まらない。もっと力強くて、優しい。お互いの感情の奔流。俺たちはやがて一つになる。俺もお前もあいつも人間もイルカも他の生物も。全部が一緒になって、止まった時間の中永遠の夢を見続けよう。身体が死んでも、思考はどこにだって存在する。いつでもどこでもみんな一緒。全てが終わったあとに終わらない旅行をしよう。