読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肺腑のナイフでLIFEを愛す。

無いとは思うが、質問・御意見等はお気軽にコメントで。

今日、本を一冊読み終えました。

はい。おはようございます。
タイトル通りです。
今日読み終えたのは、乙一先生作の「死にぞこないの青」です。
imgres
 この本はまあそこそこ売れていて、映画化もされた感じです。

感想はというと普通に面白かった。何か超絶ギミックがあるとか、どんでん返しがあるというわけでもないのですが、面白い。何ででしょうか?
これってかなりすごいことだと思うんですよ。特に劇的なシーンもなく、かといって日常ギャグのような馬鹿馬鹿しさやシュールさもない。にも関わらず読者の気持ちを乙一の世界に引きずり込む。こんな作家は貴重なのではないでしょうか。
あとがきでも「自分の本当に書きたい話を書きました。」 と述べられていたので、乙一先生自身が書きたかったのは、GOTHのようなゾクゾクする超鋭利なミステリでも、「陽だまりの詩」ような心温まるストーリーでもなく、こんな話なのでしょう。それゆえに心なしか乙一先生の文章ものびのびとしているようで、読んでいて気持ちが良かった。

オススメの一冊です。